いいの、私さえ我慢すれば・・

日本の女性は、「でしゃばるな、口をだすな」と

男尊女卑の考えがまだまだ残っている家庭も多いかもしれません。

 

口に出しては言わないけれど、

やっぱり家庭の中心は男性で

女性は控えめにしていればよいと男性の中にもそう思っている人もいます。

 

いまは女性の社会進出もかなり認められてきましたが、

それでも家事育児は女性の仕事と決まっているようです。

 

男性と同じように、外に出て働くようになっているにもかかわらず

そして家事も育児も手抜きをするなと言われては、

いったいどこで気持ちを休めることができるんでしょうか?

 

 

200年前くらいの江戸時代なら、

女性が男性のすることに口出しするなどいうことはできなかった時代もあります。

 

「私さえ我慢すれば、事は丸く収まる・・」

 

ですがいまは200年前ではありません。

自分だけが我慢すればなどと考える必要はないんです。

 

友人に嫌なことを言われたり、上司や部下からひどいことをされたりしたら、

我慢することはありません。

はっきりとしっかりと自分の意思表示をするべきです。

 

その意思表示をするときは、

泣いたりわめいたりという女性の武器を使うことはせず、

むしろ冷静沈着にうっすら笑顔を見せるくらいの余裕で相手に伝えます。

 

自分はどうしたいのか

そういわれてどういう気持ちでいるのか

自分がいまあなたに対してどう思っているのか

 

などを

きちんと伝えるのです。そうすれば新しい道が開けてくると思います。

 

 

人間関係の悩みや自分が辛い立場にいると思うときは

ぜひ、アナに相談してください。

 

お待ちしています。