自分に自信なしの人

私は、自分が大好きで、自己中心的な考え方をすることがあります。

 

・・・が、

 

世の中には私と同じような人もいるし、

逆に「自分には全く自信がない」という人もいます。

 

自分に自信がない、という人はどういう人でしょう?

 

自分に自信がないというのは、

まず周りの目を気にしすぎてるんです。

周りからの評価が気になるという人なんですね。

 

自分は周りからはどう思われてるんだろう・・

常にそれを意識しながら生活したり行動したりしてるんです。

 

それから、自分のダメなところに目がいきやすい。

これも自信がない人の特徴ですね。

 

さらに、自分の思っていること(本音)を言えない。

これは最初の周りからの評価を気にしてるから言えないんですけどね、

言いたいことをためてしまうことが多いと思います。

 

あとは、完璧を求めすぎたり、

何かを行動するときに失敗したらどうしようとか、

ちょっとネガティブな考えや先入観を持ちやすいかもしれないです。

 

 

自己肯定感が低いんですけどね、

自己肯定間っていうのはちょっと難しい言い方ですので、もう少し簡単に言い表すと

 

「私は私でいいんだ! みんな違ってみんないい!」

 

っていう考え方のことです。

 

詩人 金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」を知ってますか?

 

  私が両手をひろげても お空はちっとも飛べないが
  飛べる小鳥は私のやうに 地面を速くは走れない
  私がからだをゆすっても きれいな音は出ないけど
  あの鳴る鈴は私のやうに たくさんな唄は知らないよ
  鈴と、小鳥と、それから私 みんなちがってみんないい

 

 

 

自己肯定感と自信はちょっとニュアンスが違う気がするんですね。

私の感覚で言うと、

自己肯定感が高い人は、自分という存在自体を認めている人。

自身がある人は、過去の経験や知識が正しいと漠然とした根拠をもっている人のことかな?

 

「自分に自信がない人」とタイトルに書きましたが、

それはつまり自己肯定感が低い人のことで、

自身を失った人のことではありません。(ちょっとややこしいですけどね・・)

 

 

つまりですね、私が今日言いたいのは、

「自分に自信がない、いつもなんだか自分ってどうなんだろう?と思ってしまうそこのあなた!みんな違っていい、あなたはあなたでいい。悩んだり、めんどくさいと思ったり、そんなことを考えてもいい。そんな日があってもいい。やってらんない!と叫んでいいんです。みんながどんどん頑張っている中、自分はいつも同じところにいる気がするとか考えちゃダメなんです。他人と比較しても何も変わらないし心がすさむだけなんです。自分ができることを一日一歩ずつやればいい。ノートに書いたやりたいことリストの10個のうち、一つでも取り掛かれたらそれでいい。確実に前に進んでます。万里の道も一歩から。ウサギよりもカメ。ゴールは人それぞれ違います。あの人は年収1千万円なのに、自分は・・とか思っちゃダメです。1千万円の人はもしかしたら友達がいなくて、毎日孤独を感じてるかもしれないんです。たとえ年収が300万円でも、笑顔の絶えない家族との団らんのほうが1千万円の人からうらやましがられるかもしれないです。自分の短所をなおすより、自分の長所を伸ばすほうがいいんです。なくて七癖、誰にでもダメなところがあるんですからそこばかり気にしてちゃーだめです。完璧な人なんていないんです。自分も完璧じゃない、だからお互いさま。支えあい、補い合い、助け合い、感謝して生きるんです。」

 

熱く語りましたが・・・( `ー´)ノ

 

 

何度も言いますけどね、

みんな違ってみんないいんです

 

ネガティブな考えを持ったとき、金子みすゞのこの歌を思い出してくださいね。

 

またはエルクのカウンセリングに来て下されば、

アナがあなたのために歌います♡