うらやましいという気持ち

羨ましい(うらやましい)。。。

 

だれでも一度は他人のことについてそう思ったことありますよね?

 

「羨ましい」とは他人の恵まれた能力や状態について、自分もそうありたいと願うさま

 

うらやましいは「うらやむ(動詞)」の形容詞で、

うらやむの「うら」は「うらむ」「うらない」などの『こころ』を指す語。

うらやむの「やむ」は「病む」のこと。

本来は、他人を見て自分が恵まれていないことに自分が傷つくことを表す「ねたましい」と同義語だったが、

いまは自分もそうありたいと願う気持ちが主となっているそうです。

 

 

だから、、、

 

羨ましいっていうのは、いいな~自分もそうなりたいな~と

ポジティブにとらえたらいいと思うんです。

 

実は先日、自分の仕事に誇りを持っていて、とっても活躍されいて、

その仕事に対してみんなが笑顔になったり、感謝されている人がいました。

 

 

正直、本当にうらやましいな~と私は感じたんです。

 

 

自分が自信をもってやっていることに

みんなが喜んでくれている。

感謝されてちゃんと収入もある(ここ大事!)

 

 

本当にうらやましい・・・(*_*)

 

 

だけど、これを繰り返し繰り返し言っていると、だんだん自分の中で

「なんであの人はそんな楽しそうに仕事ができるんだろう、どうして自分はそれができないんだろう」

とネガティブな気持ちが芽生えてくるんです。

 

そして

「あの人ばっかりずるい、自分だって頑張ってるのに。あの人はきっと何か裏があるに違いない、そうじゃなきゃこんなに笑顔で仕事ができるわけがない」などと、あらぬ妄想を考えてしまうこともありませんか?

 

 

これはたとえ話ですからね( ゚Д゚)、実際の私はこんな風には思いませんが・・

 

 

何が言いたいかというと、

「うらやましい」という気持ちが強すぎると「心が病んでいる」状態になってしまいます!

 

私は私。自分のできることを精いっぱいやればいい。

自分は自分が納得できることをすればいい。

自分にしかできないこともあるし、自分しかもっていないものもある。

 

 

今を自分らしく生きることに専念しなさい!

 

 

ああ、でもあんな人みたいになりたいな~💛と思う憧れは、

自分の目指すべき目標となり、それはすごくいいことだと思います。

 

 

考え方ひとつで気持ちが変わりますね

 

 

心がモヤッとする方はぜひアナとおしゃべりしに来てくださいね。